「郷土玩具怪獣キブナドン」がアニメフェスタに登場!

郷土玩具の黄ぶなをモチーフにしたキャラクター「郷土玩具怪獣キブナドン」がとちてれ☆アニメフェスタに登場!
グリーティングのほか、オリオン通りにてグッズの販売を行います!

「郷土玩具怪獣キブナドン」公式ツイッター https://twitter.com/kibunadon

 

「郷土玩具怪獣キブナドン」とは

栃木県宇都宮市に、「黄ぶな」という郷土玩具があることをご存知でしょうか。江戸時代に疫病が流行した際、村人の一人が宇都宮の田川に泳いでいた珍しい黄色い鮒を釣り上げて病人に食べさせたところ、病気が治ったという言い伝えがあります。その後、なかなか釣れないその黄色い鮒を模した張子で作り、毎年無病息災のお守りに家に飾るようになったそう。それが郷土玩具「黄ぶな」です。

キブナドンはその「黄ぶな」が怪獣化した姿として、グラフィックデザイナー・照紗の手により2014年に生まれました。
黄ぶなが「郷土の人々ともっと仲良くなりたい」と願っているうちに、足が生えた怪獣の姿になったのです。
今では、川から上がって街中をてくてく歩いている姿が見られるのだとか…。